八千代台駅すぐ近くにある千葉の名品専門店!75年以上の歴史を持つ老舗「大久保園」

千葉の名産品といえば何を思い浮かべますか?

醤油やぬれせん、梨などもありますが、なんといっても落花生を思い浮かべる人が多いでしょう。

今回紹介する「大久保園」さんは、お茶と落花生と海苔を扱う、千葉ならではのお店です!

畑選びや焙煎方法にもこだわった、おいしい落花生を取り扱うお店「大久保園」さんを紹介します。

千葉の名品を扱う老舗

ある日の午後、母に紹介され気になっていた千葉名品の専門店「大久保園」さんを訪れました!

千葉の名産品といえばやはり落花生で、小学生の頃は給食にもよく出ていました。
殻を剝くのが楽しく、ほんのり甘い豆も好きだったのですが、しばらく食べていません。

調べたところ八千代台駅や大久保駅など合計5店舗あり、最近はマルシェやフリーマーケットにも出店しているようです!

また1945年創業で今年が77年目とのことで、長い間町の人々に愛されてきたお店だということがわかります。

お店の看板には、「茶」「のり」「豆」と書かれており、何が売られているのかわかりやすくていいですね!

種類豊富な海苔とお茶と落花生

店内の様子はこんな感じです!
右手前が海苔ゾーン、左手前がお茶ゾーン、奥が落花生ゾーンとわかれており、中央の机には千葉のさまざまなお菓子が並んでいました。
お茶に合いそうな上品な和菓子を前に、自然と目がキラキラしてきます(笑)。

これだけの種類のお茶や海苔を一度に見る機会はなかなかないので、どんなものがあるのか見ているだけでもわくわくしますね。
お茶は基本的に緑茶で、急須や茶缶に湯呑も販売されています。

他にもリンゴや桃の緑茶、抹茶とカモミールやほうじ茶とハイビスカスなど、珍しいおしゃれなお茶もありました!

こちらは落花生のコーナーです。
プレーンな落花生だけでなく、上の段にはさまざまな味付けがされた落花生が並んでいます。
コーヒーや黒胡麻きなこ味など種類豊富で、それぞれの味に合った和柄の包装が美しく目を引きました。
殻なしのものは手間がかからず、すぐに食べることができるのでいいですね。

上品な甘さの抹茶落花生

今回購入させていただいたのはこちらの抹茶落花生です!
どの味もおいしそうで迷いましたが、抹茶だけ甘めと苦めで2種類あり、抹茶の苦みが大好きなのでこちらを選びました。

しっかり濃い抹茶にまぶされた落花生が袋一杯に入っており、とってもおいしいです!
味が濃厚で、和風のチョコレートピーナッツを食べているようでした。
見た目もステキなので、ちょっとしたプレゼントにもピッタリです!

千葉の名産がほしいなら大久保園へ!

今回紹介した「大久保園」さんは、お茶と海苔、落花生を扱う千葉の名品専門店です!
それぞれの種類がとても豊富で、人にプレゼントするときにも困らなさそうだなと思いました。

ホームページでは通販も対応しているので、遠方に住まれている方はぜひサイトを覗いてみてください!

また洗練された写真が並ぶインスタグラムにも大久保園さんの魅力がギュッと詰まっているのでおすすめです!

大久保園
住所:千葉県八千代市八千代台東1-15-3
交通:京成本線「八千代台駅」から徒歩5分
電話番号:047-482-2692
営業時間:10:00-18:00
定休日:なし