中野栄コッペパン専門店「ふわこっぺ仙台中野栄店」で懐かしの揚げパンゲット

今回紹介する「ふわこっぺ仙台中野栄店」は、神戸発祥の全国展開をしているコッペパン専門店です。
コッペパンのみを販売しているパン屋さんと聞くと、なんだか珍しい感じがしますよね。

宮城県のローカル番組『OH!バンデス』や『突撃!ナマイキTV』などですでに紹介されているようで、お店の壁にはタレントさんのサインがしてありました。

「ふわこっぺ仙台中野栄店」は、JR仙石線中野栄駅北口から徒歩4分の場所にあります。

お店は住宅街の中にあるので、路上駐車をするとお店や近隣住宅の方へ大変迷惑になります。
車でお店に向かう方は、事前に駐車スペースの確認をしてからお店へ向かってくださいね。
駐車スペースについては、「ふわこっぺ仙台中野栄店」の公式Instagramに掲載されていますよ!

おかず系からスイーツ系まで幅広いラインナップ

「ふわこっぺ仙台中野栄店」は、「おかずこっぺ」「おやつこっぺ」「あげこっぺ」と主に三種に分かれており、おかず系からスイーツ系まで、幅広いラインナップを展開しています。

コッペパンの価格は200円代のものが多く、一番高いものでも330円でした。
この価格帯なら、ランチやおやつ、小腹が空いたとき気軽に利用できそうですね!

おやつコッペは、レジ横の冷蔵コーナーに陳列されていました。
おかずこっぺとあげこっぺについては、注文が入ってから仕上げるスタイルです。
常にできたてが食べられるのはうれしいですね。

おかずこっぺやあげこっぺを注文する場合は、混雑状況によって5分程度待ち時間が発生することもあるようです。

  • チョコ&オレオ(250円)
  • つぶあんバター(230円)
  • あげこっぺ きなこ(150円)
  • あげこっぺ シナモン(150円)

悩みに悩んだ結果、スイーツ系こっぺを購入して帰宅しました。

実食!ふわっふわで軽い!いくらでも食べられるコッペパン

購入したコッペパンを食べてみると、まず軽い食べ心地に驚きました。
コッペパン=給食にでてくる硬いパンというイメージがありましたが、「ふわこっぺ仙台中野栄店」のコッペパンはふわっふわでいくらでも食べられそうです。

上記画像の手前が「つぶあんバター」、奥が「チョコ&オレオ」です。
「つぶあんバター」はたっぷりのつぶあんとバターが挟まっています。
あんこ好きにはたまらないですね!

「チョコ&オレオ」はチョコホイップにチョコレートソース、オレオがサンドされています。
女子受けの良さそうな見た目で、背徳感・満足感たっぷりです。
チョコ好きの娘があっという間に食べてしまいました。

そして次にあげこっぺです。
上記画像手前が「あげこっぺきなこ」、奥が「あげこっぺシナモン」です。

どちらのあげこっぺも、揚げてあるとは思えないほど油っぽさがありません。
ほどよい甘さで食べやすく、小さなお子さんから大人まで、幅広い年代の人に好まれそうな味です。

今回はスイーツ系コッペパンを中心に購入しましたが、今度はおかず系こっぺにも挑戦してみたいです。
みなさんも、小腹が空いたらぜひ「ふわこっぺ仙台中野栄店」に行ってみてくださいね!

ふわこっぺ仙台中野栄店
住所:宮城県仙台市宮城野区栄4-13-5
アクセス:JR仙石線「中野栄駅」から徒歩3分
営業時間:9:30-19:00
※売切次第クローズ
定休日:日曜日・月曜日
電話:022-355-9757
Instagram:@fuwakoppe_sendainakanosakae