本格すし職人が握る!新鮮な魚料理を楽しめる居酒屋 鎌ヶ谷「季節料理 味幸房」

新鮮なお魚をつまみに、おいしい日本酒を1杯飲めたら…最高な気分になりますよね。
鎌ヶ谷駅の近くにある「季節料理 味幸房」は、旬のお魚料理がおいしい!と、地元で有名な居酒屋です。
知り合いが行きつけにしているということで、今回は行ってみることにしました。

雰囲気の良い店内

「季節料理 味幸房」は鎌ヶ谷駅から徒歩2分、青いのれんが目印です。
入店すると「いらっしゃい」という店主の声が。

「昭和レトロ」がテーマということもあり、昔ながらの落ち着く雰囲気が魅力的です。
カウンター席からは、常連のお客さんの楽しそうな声が聞こえてきます。

どんな料理が出てくるのかな…と、さっそくワクワクしてきました。

季節によって違うお魚料理

このお店の特徴は、日によって食べ物のメニューが変わること。
ホワイトボードに今日のおすすめがズラリと書かれています。

長年すし職人を勤める店主本人が、市場へ直接足を運んでいるためどれも新鮮。
それぞれの魚のおいしさが、1番引き立つ方法で、調理してくれるそうです。

壁にはふぐ鍋の写真がありました。
11月から3月の期間のみ、1日1組限定で予約を受け付けている限定商品。

また、金目鯛の茶漬けも冬季限定。
どちらもお客さんから大人気だそうです。

春夏秋冬いつ行っても、その時1番おいしいお魚が食べられるのはうれしいですよね。

めずらしい日本酒がたくさん

飲み物のメニューも豊富。
特に日本酒の種類が多いです。

一般的なものだけでなく、めずらしい日本酒をたくさん取り揃えています。
お客さんのリクエストに応えて、酒屋へ行くこともあるそうですよ。

「ほまれ麒麟」「こんちきちん」など、レアな日本酒を飲みたい方にもオススメです。

新鮮なお寿司と海鮮丼

まずは「おまかせ寿司」と「おまかせ丼」を注文。
店主ひとりで切り盛りしており、その真剣な眼差しに期待が高まります。

そして、目の前に出された数種類の握り!
つやつやで肉厚なお魚が食欲をそそります。

さっそくマグロを食べると、その新鮮さにビックリ!
くさみが全くなく、程よく乗った脂。
香り高いワサビともマッチしています。

続いておまかせ丼。
こちらは先程と同じネタが丼になった商品。

口いっぱいにかきこんで食べたくなる、爽やかなおいしさでした。

おつまみ系も充実!

ご飯系でなく、1品ものも充実しています。
まぐろ納豆やお刺身。ニラ玉などもあります。

その中でもほっき貝は、一度火を通すことが店主のこだわり。

磯臭さが抜けて食べやすくなるそうです。
貝類が苦手な私でも、もっと食べたい!と感じるほどのおいしさでした。

店主の創作料理!漬けカツオ丼!

最後のシメとして、店主のオススメをお願いすることに。
出てきたのは「漬けかつお丼」。

店主が15年前に発案したオリジナル商品だそうです!

薬味がたっぷり乗っており、シメにぴったりな味付けです。
カツオも漬けにすることで独特な臭みは一切なく、食べやすかったです。

このように、店主のオススメや、メニューに載っていない巻物なども注文できます。

どれも新鮮かつ、安心感のあるおいしさ。
他のお店に無いオリジナリティあふれる料理のため、全ておまかせしたくなります。
最初から最後までワクワクするお店でした。

ぜひ鎌ヶ谷駅へ訪れた際には、「季節料理 味幸房」へ!
ぜひ行ってみてくださいね。

季節料理 味幸房
住所:千葉県鎌ケ谷市道野辺中央2-8-30
アクセス:東武アーバンパークライン 鎌ヶ谷駅から徒歩2分
電話番号:090-5195-1815
営業時間:17:00-23:00
定休日:月曜日

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。