お肉好きにはたまらない!一番町のカジュアルフレンチビストロ

青葉通一番町駅からアーケード街のサンモール一番町を南方向に進み、南町通りから2本目の路地。
あまりお店などなさそうな場所なのですが、実は居酒屋さんやイタリアンのお店、日本料理屋さんなど、オシャレでモダンなお店が集まる、知る人ぞ知る路地なのです。

今回はその中のお店のひとつ、「Au Bélier(オー・べリエ)」さんをご紹介します。

カジュアルなフレンチビストロ

「オー・べリエ」さんは路地の中ほどにあります。外観は白と黒で統一され洗練された雰囲気ながら、
温かみのあるライトが灯り、アットホームさも感じます。

店内は、肩肘張らずにすごせるカジュアルな雰囲気です。

シャリュキュトリーのお店

「オー・べリエ」さんは、仙台初の自家製シャリュキュトリーのビストロ。
シャリュキュトリーとは、ハムやソーセージ、パテ、テリーヌなど豚肉加工品のことで、フランスの伝統的な食文化だそうです。

この日は1,400円のスタンダードランチコースをいただくことにしました。サラダ付きの前菜、メイン、パン、コーヒーのコースです。ほかにランチメニューには2,500円のスペシャルランチコースと、3,500円のシェフズランチコースがありました。

スタンダードランチコースは、前菜とメインをいくつかのメニューの中から選ぶプリフィクス(数種類あるメニューから、好きな料理を組み合わせてコースの内容を完成させるスタイル)。

前菜にはサラダやスープ、メインには鮮魚のポアレや牛ハラミのステーキもありましたが、せっかくなので豚肉のメニューをお願いしました。

お値段以上のおいしさに感動

まずは、前菜のプレスコフ(豚頭、ほほ、舌のゼリー寄せ)。
豚肉のうま味と、さっぱりとしたグリビッシュソースの酸味がマッチしてとてもおいしかったです。

一緒に行った友人は、冷製ソーセージとおだしまポークのハムをオーダー。ボリュームたっぷりですね。

そして、写真をご覧いただくとお分かりになるかと思うのですが、添えられたサラダが具沢山!彩りもきれいです。
見ただけで新鮮だと分かる、シャキシャキ野菜のおいしさも楽しめました。

メインはカルボナード・フラマンド(豚ほほ肉のベルギービール煮込み)です。
ごろっと大きな豚肉の下に燻製マッシュポテトが敷かれ、周りをオニオンの甘みが溶け出したソースが囲んでいます。

お肉はほろほろ崩れるような、ナイフ不要の柔らかさ。
ソースもおいしく、お皿に残るのがもったいなく感じるほどです。
マッシュポテトとパンに絡めて、余すことなくいただきました。

1,400円のランチとだけ聞くとちょっぴり贅沢に感じますが、このボリュームとおいしさを、このお値段でいただけるのは感動です。

お腹いっぱいでも食べたいデザート

コースのオプションとして350円でデザートをセットにできます。濃厚ガトーショコラとローズマリーのアイスをお願いしました。

別腹にうれしい小さめのポーションです。
こっくりしたガトーショコラと、ローズマリーのさわやかさが香るアイスの相性がよく、お腹がいっぱいなはずなのにペロリと食べてしまいました。

予約がおすすめ

カジュアルな雰囲気の中、お値段以上の満足感があるおいしいお料理をいただくことができました。
ほとんどが予約のお客さんで満席だったため、足を運ばれる際は予約をおすすめします!

Au Bélier (オー・べリエ)
住所:宮城県仙台市青葉区一番町1-6-11
アクセス:仙台市営地下鉄東西線 青葉通一番町駅徒歩4分
TEL:022-706-7914
営業時間:【平日・土曜日】11:30‐15:00 (L.O 14:00)  18:00‐22:00 (L.O 21:00) 
【日曜・祝日】11:30‐15:00 (L.O 14:00)  18:00‐22:00 (L.O 21:00) 
定休日:月曜日(祝日営業の場合有り)
第3日曜日 ※月曜日が祝日の場合、翌火曜日お休み