地域に根ざしたアットホームなパン屋さん。福島市「ぱんぴあ さくま」

今日紹介するのは、福島市西中央の住宅街の中に昔からあるパン屋さん。

久しぶりに“あの味”が食べたくなり、用事のついでに寄ってみました。

地域で長く愛されてきた歴史

老舗のパン屋さん、「ぱんぴあ さくま」は、ちょっと懐かしい感じのたたずまい。

派手さはないものの、自然と地域に溶け込んでいます。

店内もアットホームな雰囲気で、地域のお客様が気軽に立ち寄れそうな感じ。

写真を撮らせていただいていると、白いエプロンをつけた元気な奥様が「うちのパンはおいしいよ〜!」と出てきてくださいました。

つい笑顔になってしまう地域のパン屋さんですね。

奥はガラス張りになっていて、目の前でパンを作っているところが見えます。

できたてのパンがすぐに食べられると思うと幸せですね!

甘いパンから惣菜パンまで、豊富なパンの種類

この日は週末で配達が多く、店内の商品は少なめとのこと。

そう、こちらのパン屋さんは卸しもされているので、お店に来たことがなくてもどこかで食べたことがある!という方も多いかもしれません。

メロンパンは、カリカリサクサクではなく、やわらかくしっとりとしていて、小さい頃に初めて食べたあの味を思い出します。

そして、ボリュームのあるサンド類は、ハムカツや、コロッケ、メンチカツとさまざま。
片手で持って食べられるので、忙しい時や出先に持って行くのも良いと思います。

こちらは、アップルパンやチーズのパン。
本当にふわっふわでやわらかそう!

この日はありませんでしたが、「ぱんぴあ さくま」では、動物の顔をしたかわいいパンも人気です。
小さなお子様が喜ぶこと間違い無し!

お客様のための心遣いがうれしい

店内のスペースには、ちょっとした椅子とテーブルも。

地域の方がこちらで一休みしたり、お話ししたりするのでしょうか。

レジ横のショーケースには、お買い得になっているコーナーもありました。

「ぱんぴあ さくま」のパンは、保存料などが入っていないので、基本的に賞味期限が短め。
でも、すぐ食べるのであれば全く問題ありません。

せっかくのパンを無駄にしたくないですし、食品ロス対策にもつながりますね。

添加物が少ないということで、お子様にも安心して食べてもらえます。

絶品サラダパンは絶対に食べてほしい!

私は、定番の「サラダパン」(167円)と、ボリューム満点なメガメンチパン(205円)を購入しました。

ぱんぴあさくまのサラダパンは、代表商品と言ってもいいくらい、卸先のスーパーや病院の売店などでもよく目にします。

昔ながらの素朴なコッペパンに、具材少なめのシンプルなポテトサラダ。
じゃがいもの舌触りがなめらかで、少し酸味があり、自分では絶対作れない味。

メガメンチパンは、少しのキャベツと厚みのあるメンチカツ。
長年食べ続けられてきたからこそ行き着いた、このバランスなんでしょうね。

とっても柔らかいので、お年寄りでも食べやすいと思います。

朝ご飯にも、お昼ご飯にも。もちろんおやつも!

私が伺った時は午前中だったのですが、お仕事に向かう途中かな?という急ぎ足の男性や、「おはよう〜」と挨拶しながら入ってこられた常連さんのようなお客様がいらっしゃいました。

朝7時から開いているのもうれしいポイント。

朝ご飯に焼きたてパンを買いに行くのもよし、出勤前にお昼ご飯を調達するのもよし。

ぜひ一度、訪れてみてくださいね!

ぱんぴあ さくま
 住所:福島県福島市西中央3-24-4
 アクセス:JR東北本線「福島駅」から車で9分(駐車場3台有り)
      JR奥羽本線「笹木野駅」から徒歩15分
 TEL:​024-534-5272
 営業時間:7:00-18:30
 定休日:日曜日、祝日