花見川区で焼肉ならココ!黒毛和牛が自慢の「凱旋門」

最近、なんだかパワー不足かも…。そんなときは、決まって焼肉に行きます。やっぱりお肉を食べると元気が出て、明日からもがんばろう!って思えるんですよね。

京葉道路の武石インター近く、飲食店が並ぶ通りにある焼肉店「凱旋門」は、ランチでよく訪れるお店の一つ。今日は奮発して、ディナーに来ちゃいました!

重厚で、期待の高まる外観

赤いライトで照らされた店名。石造りの壁もあいまって、高級感・重厚感のある外観です。駐車場も広々としています。

入り口前にはメニューが掲示されていました。凱旋門のおすすめは、なんといっても黒毛和牛。どれもおいしそうですね…。お腹もばっちりすかせてきたので、期待が高まります!

18時に予約した旨を伝え、入店。広々とした店内には、ゆったりとしたテーブル席のほか個室もあるようです。この時間はまだ空いていましたが、土曜ということもあり30分後にはほぼ満席になりました。人気っぷりがうかがえますね。

まずは壺漬けカルビに舌鼓

コースも捨てがたかったのですが、今回は単品で食べたいものをチョイス。さっそく注文した、壺漬けカルビ、上ハラミが到着しました!一緒に来ていた夫と烏龍茶で乾杯し、順番に焼いて食べていきます。

名前どおり壺に入ったカルビは、網にのせてびっくり、とっても長い!肉の焼けるおいしそうな音とともに、香ばしい香りが漂ってきます。

いい具合に焼けたら、待ちに待った瞬間。ハサミで大きめにカットし、いただきます!タレと脂が口の中でマッチし、思わず笑ってしまいまうほどのおいしさ。やっぱり焼肉といえばカルビですね。炭火で焼いたいい香りも、食欲を増進させます。かなりのボリュームでしたが、2人ですぐに食べ終えてしまいました。

タレの種類も豊富

凱旋門は、タレの種類の多さも特徴。会長が絶賛したことから名がついたという「会長GOタレ」をはじめ、甘味噌、濃厚辛口、塩ダレなど…これら7種のタレに、醤油や岩塩、胡椒など多くの調味料がそろっています。いくつかブレンドして、好みの味を見つけるのも楽しそうですね。気に入ったら、通販でも購入できるようです。

絶品の希少部位、カイノミ

その後は、カルビスープ(小)に上塩タン、厚切り上塩タンを注文。

そして特に楽しみだったのが、こちらのカイノミ!

カイノミとは、牛のおなか、バラの中にある部分のことだそう。とはいえヒレにも近い部位ということから、赤身のおいしさもしっかり味わえるといいます。サシがきれいに入っており「これは絶対にうまい!」と確信できる美しさ…!

実際に食べてみると、脂の甘みを強く感じます。しかしまったくしつこくなく、カルビを食べた後でもぺろっと食べられてしまいます。食感も柔らかく、さすがは希少部位…何回でも味わいたい!と感じるお肉でした。

注文したタン2種も、どちらもおいしかったです。付属のレモンに加え、別でネギムンチを注文し、のせて一緒に食べるのがおすすめ。大量のネギとの相性もばつぐんで、お口の中が幸せになりますよ。

日々のごほうびにぜひ!

埼玉に3店、千葉に3店を展開している「凱旋門」。黒毛和牛のおいしさを、ゆったりした空間でじっくり味わえるお店です。なにかいいことがあった日や、お祝い、自分へのごほうびに訪れたい焼肉店。花見川区でお肉を食べるなら、こちらがおすすめです!

黒毛和牛焼肉「凱旋門」武石IC店
住所:千葉市花見川区武石町1-157-1
アクセス:京成千葉線「京成幕張駅」より徒歩16分
TEL:043-350-4129
営業時間:AM11:00-PM10:00
ランチタイム(AM11:00-PM4:00)
ラストオーダー(PM9:30)