鎌取にある本格割烹料理屋「OYUMINO KAPPO 彩」で贅沢なひとときを

大切な人の誕生日や記念日などには、特別感のあるお店でお食事をしたくなりませんか?
今回は、鎌取にいながら本格的な割烹料理を堪能できる小料理屋「OYUMINO KAPPO 彩」をご紹介します。

こちらは昔から家族のお祝い事などで利用しているお店で、今回は母の誕生日のお祝いでランチに行ってきました♪

住宅街にたたずむ小料理屋

JR外房線鎌取駅南口からのんびり10分ほど歩くと、橋の近くにぽつんとたたずむ「OYUMINO KAPPO 彩」が見えてきます。
駐車場もあるので、ご家族でも行きやすいですね。

落ち着いたプライベート空間でお食事


今回は、平日の13時に予約しました。
扉を開けると、料理長さんが穏やかな笑顔で迎えてくださいました。
以前もこちらで父の還暦祝いをさせていただいたときと雰囲気が変わりなく、人柄の良さがあふれています♪

座席数がテーブル3つとカウンター席のみなので、確実にお食事するには予約は必須です。
テーブルは広々としていますし、仕切りがあるので他の席からは見えず、落ち着いた空間となっています。

会席料理をアレンジしたランチメニュー

季節替りの通常ランチメニューである「四季彩御膳」をいただきました。
まずは、食前の飲み物を自家製果実酒と黒酢の2つから選べます。
わたしは果実酒、母は黒酢を注文。

「楽しみだね!」とわくわくしながら待っていると、さっそく飲み物が運ばれてきました。

果実酒に使われている果物はキウイフルーツです。
フレッシュな甘さがあり、さっぱりしていてとても飲みやすかったです。

こだわりが詰まった芸術的な御膳

お食事のスタートはそら豆のムース。
梅雨の時期なこともあり、そら豆をカエルに、ムースを葉っぱにみたてて盛り付けされていて、目からも楽しむことができます♪

ムースを食べ終わった後、女性の店員さんがタイミングよく声をかけてくれて、メインの御膳が運ばれてきました。
まずその見た目の煌びやかさにびっくり!
店名や料理名にも入っている「彩り」を大切にしているのがとても伝わってきます。

鰹出汁のごはんやあさりのジュレなど、どれがどのような食材を使っているかが書いてある献立が用意されていました。

「これは何だろう?」「おいしい!食べてみて!」など会話も弾み、一口ごとにわくわくしながら料理を口に運びます。

わたしが一番気に入った料理は、えんどうクリームの揚げ物です。
外はさくっとしているのですが、中はまろやかなクリームが入っていて新食感でした!
何かわからないときは、料理長に聞いてみると詳しく教えていただけますよ♪

デザートはパイナップルのジェラートと牛乳プリン、黒糖、きなこなどを使った和スイーツの創作デザートです。
黒糖の渋い甘さと、ジェラートのさっぱりした甘さのバランスが絶妙で、すぐに食べ終わってしまいました。

食後のドリンクもランチに含まれていて、わたしはアイスコーヒーを注文。
お料理のおいしさに浸りながら、母とのんびりくつろげました♪

四季の彩りを感じられる期間限定メニュー

春には、窓からお隣の公園に咲く満開の桜が見え、期間限定の「お花見御膳」が食べられます。
また、貸し切りもできたり、12月に入ると「年の瀬御膳」やおせちも注文できたりします。
四季の彩を感じることができるお店ですね♪

今回はランチでうかがいましたが、夕方からは本格的な会席料理をいただけるので、そちらも近々行ってみたいと思います。
お祝いごとや何か集まりがあるときなどに、ぜひ利用してみてください♪

OYUMINO KAPPO 彩
住所:千葉県千葉市緑区おゆみ野2-30-6
アクセス:JR外房線鎌取駅から徒歩10分
TEL:043-292-8027
営業時間:
11:30-14:00
17:00-22:00(L.O. 21:00)
定休日:水曜日