体に優しい糀の料理がおいしい!こだわりの詰まった八千代の古民家カフェ「cafe hiyori」

みなさんは古民家カフェに行ったことはありますか?
古民家カフェとは、改装した古民家を使って運営されているカフェのことです!

今回紹介する「cafe hiyori」さんは、築50年の古民家をリノベーションしたオシャレな古民家カフェです。
健康的でおいしい食事がいただける、昭和レトロな雰囲気がステキな「cafe hiyori」さんを紹介します!

併設されているギャラリー

ある日母が急にインスタグラムを開き、おしゃれなカフェがあることを教えてくれました。
八千代市には珍しい古民家カフェで、投稿されている写真から伝わるおしゃれ感は、まるで鎌倉や吉祥寺のようです!

さっそく行ってみようと、アカウントページに記載されていたアドレスにメールを送って予約しました。
当日は予約なしの方が何組も帰られていたので、休日は予約必須です!

少し早くついてしまったので、隣に併設された古道具屋を覗いてみました。
町工場や職人たちが作る素朴な日用品がテーマのようで、質が良く長持ちしそうな、昔から愛されている道具が並んでいました。

一輪挿しや編まれたカゴ、食器や木箱など、一工夫ある魅力的な小物がたくさんあり、見ているだけで楽しいです!

古民家ならではの外観と内装

こちらが「cafe hiyori」さんの外観です!
一見すると普通の日本家屋に見えるため、看板がなければ気が付けない隠れ家のような雰囲気です。
地図を見ていても、たどり着いたときにここにあったのか!と驚いてしまいました(笑)。

店内の様子はこちら。
靴を脱いでスリッパで上がる仕組みで、人のお家にお邪魔しているような気持ちになりました。

小さなライトがいくつも灯っており、昼は勿論、夕方あたりの雰囲気もとっても良さそうですね!
椅子もさまざまなデザインのものがあり、どれに座るかというだけでも楽しくなります(笑)。

体に優しい糀のごはん

糀を使って作るメニューが基本のようで、化学調味料等は不使用と記載されています。
キーマカレーや豚丼も魅力的だったので迷いましたが、さまざまなお惣菜が楽しめる日替わりランチを選びました!
ショーケースに入っていたデザートもとても魅力的だったので、注文の時点で既にまた来たくなります(笑)!

少し待つとすぐにごはんが運ばれてきました。
色とりどりのたくさんの食材とおいしそうなにおいを前にテンションが上がります!

この日のメインは肉団子で、他にもナスやこんにゃくの煮物、卵焼きに冷ややっこなど、素朴でおいしい家庭料理がたくさんです!
母もこれだけの種類の惣菜を一度に楽しむことはないので、とても満足していました。

食後のコーヒーも「ひよりブレンド」というこだわりのある豆を使用しているようで、酸味がなくとても飲みやすかったです!

こだわりのつまったステキな空間

今回紹介した「cafe hiyori」さんは、国道16号線沿いにある古民家カフェです。
店内に置いてある机やいす、また食器などにもそれぞれこだわりが詰まっており、とてもステキな空間でした!
発酵をコンセプトにしたお料理は身体にも優しく、季節のデザートを使ったデザートは絶品と評判です!
近くに寄られた方は、ぜひこのステキな空間を訪れてみてください!

cafe hiyori
住所:千葉県八千代市米本1677
交通:京成本線「勝田台駅」からバスに乗車、「八千代リハビリテーション病院」下車から徒歩1分
電話番号:070-6456-2436
営業時間:11:00-16:00
定休日:木曜日、金曜日