仙台駅前のブーランジェリー「MAISON KAYSER」の小麦が香るハードパン

みなさんパンはお好きでしょうか。私は、街を歩いていてふわっとおいしそうな焼き立てパンの香りがすると、時間がなくてもお店に立ち寄らずにはいられないほどパンが好きです。

ひとくちにパンと言っても、ふわふわの食パンや、アイディアいっぱいの総菜パン、おやつにもなってしまうようなあまーい菓子パンまでさまざまですよね。

たくさんの種類があるパンのなかでも、私は小麦の香りが強いバゲットのようなハードパンが大好きなのですが、仙台駅周辺にはハードパンをメインに扱うお店はあまり多くないように感じます。そのため、ハードパンが食べたいときにはいつも、今回ご紹介する「MAISON KAYSER(メゾンカイザー)」さんでお買い物しています。

ナッツやドライフルーツなどを使った、小麦の風味豊かなパンがいただけるお店です。

「MAISON KAYSER」さんは仙台市内に3店舗を構えていますが、今回は仙台駅より徒歩2の「PARCO2」の2階に入っているお店をご紹介します。

パリ発、天然酵母のパン屋さん

「MAISON KAYSER」さんの本店は、パンの本場フランス、パリに「ERIC KAYSER(エリックカイザー)」として誕生しました。日本のパン文化のパイオニアである「木村屋総本店」創業家の木村周一郎氏が、パリで「ERIC KAYSER」の伝統的かつ、ハイクオリティな天然酵母パンづくりに感銘をうけ、日本での展開を推しすすめたそうです。

仙台駅すぐ「PARCO2」の中

仙台駅西口から各方面をつなぐペデストリアンデッキに出て、まっすぐ2分ほど歩くと「PARCO2」の2階につながっています。「MAISON KAYSER」さんは、右側3つめにあるお店です。

おいしそうなパンがずらり

お店に足を踏み入れると、パンの香ばしい香りとともに、ずらっと並んだたくさんのパンが目に入ります。この日は16時すぎにうかがったため、パンの数が少なくなっていますが、それでもどれにしようか悩んでしまう種類の多さです。

一番人気はクロワッサン

「MAISON KAYSER PARCO2店」さんの一番人気は、クロワッサンだそうです。以前いただいたことがありますが、発酵バターのリッチな香りと、ホロホロ繊細に崩れるパンの層が印象にのこっています。濃厚なホットチョコレートと一緒にいただくのが至福の時間でした。

お菓子も売っています

お店を入ってすぐの場所に、クッキーやブラウニー、キャラメルなどのお菓子も売られています。見た目もかわいく、ちょっとしたお土産に持っていくと喜ばれそうです。

オリジナル粉のバゲット

「MAISON KAYSER」さんにうかがったときは、毎回「バゲットモンジュ」を購入します。しっかり小麦が香る生地の、外はざくっと、中はもっちりした食感がたまりません。「メゾンカイザートラディショナル」という、オリジナルの粉を使って作られているそうです。

お店でカットしていただくこともできますが、私は自宅でナイフを入れたときに、パンの香りが広がる瞬間を楽しみたいためそのまま持ち帰っています。

1度で食べきれそうにないときは、写真の奥に写っている保存袋をつけていただけます。毎回念のために保存袋をいただくのですが、気付いたら1本まるっと食べてしまうため、わが家では活躍したことがありません。

素材の味を活かしたパン

「MAISON KAYSER」さんのパンは、どれも素材の味を活かして作られていると感じます。噛めば噛むほどに、素材本来の深い味わいが楽しめる、そんなパンが購入できるお店です。ハード系のパンがお好きな人は、きっとお気に入りのパン屋さんのひとつになることと思います。

MAISON KAYSER(メゾンカイザー)仙台パルコ店
住所:〒980-8450宮城県仙台市青葉区中央3-7-5 仙台パルコ2 2F
アクセス: JR仙台駅 西口 徒歩2分
TEL:022-226-8905
営業時間: 10:00‐21:00
定休日:不定休 (PARCO2に準ずる)