緑あふれる公園で子どもが大満足できちゃう宇都宮市明保野の「明保野公園」

休日の午後によく行く場所があります。それは宇都宮市明保野町にある「明保野(あけぼの)公園」。

「明保野公園」はJR日光線鶴田駅から歩いて約20分・車で5分の位置にあり、鶴田駅からも関東バスが通っています。散歩するのにちょうどいい距離感。
今回はこちらの公園をご紹介いたします。

遊具がリニューアルしたよ!

今では遊具で遊ぶ機会も少なくなりましたが、最近遊具がリニューアルしたようです。

以前、中央付近にあった大型遊具がなくなり、大きな砂場となっていました。その近くにある水道付近に新しい大型遊具が移設されていました。すべり台や、綱渡りなど年齢制限がなければ私も一緒にのぼって遊びたかったなぁ。

この遊具は海のイメージのようでかわいいお魚のイラストや遊具の上にはカラフルなクラゲも乗っていましたよ。

もう高学年ですが、はしゃいで遊ぶ娘。

いくつになっても大型遊具は楽しいみたい。

背が大きい娘が遊んでも大丈夫なのかと遊具に近づいてみると6-12歳まで遊べると書いてあってひと安心。大人が近くで見守ることができるようにベンチも公園内にはたくさん設置してありました。子どもはすぐ泥だらけになるから、遊具の近くに水道があるのもありがたいなぁ。

ブランコで童心にかえろう!

この遊具のほかにはブランコや木製のアスレチックがあるんだけれど、小さいときは遊びながら自分だけで使うのではなく、ほかのお友だちと譲り合って使うことも学んだような気がします。

思いもよらないところで転んだり、水たまりに入ったりと少し目を離すと予想外なことをするのが子ども。訪れた日もそんな子どもたちを見守るパパやママがたくさんいました。

噴水がある広場(この日は噴水が上がっていませんでした)の隣には広い芝生が広がります。娘が保育園のころはよくここでバトミントンをしたり、フリスビーをしたりして、レジャーシートを広げて一日過ごしたりしてました。

池で動物ウォッチングしちゃおう

公園内には噴水以外に池もあるのですが、池につながる小さな水場で夏になると裸足になり、ずぶぬれになって一日中遊ぶこともありました。今は冬なので、池でカモやハト、コイがのんびり時間を過ごしています。近くに人が来てもあまり驚かないようで、エサがもらえると思ったのかなぁ。

一日遊べる秘密は周辺の便利なお店たち

とっても広い敷地なのに公共の無料駐車場も多く、娘が小さいころから自転車の練習や飼っていた犬の散歩によく訪れていたんです。
周辺にはコンビニやお弁当屋さんがあり、午前中から来てお昼を食べてからまた遊ぶことができるので、朝から晩までよく遊んでいましたね。

本が好きになる子どもになってほしいから

この公園に隣接している宇都宮市中央図書館や文化会館に子どものころから何度となくいったであろう場所。

本が好きになるようにと、文字が読めない幼児のころから何度も連れて行った中央図書館。図書館の中には児童書のコーナーが充実しているので、紙しばいや絵本を借りて帰りに公園というパターンが多かったですね。今ではその努力の甲斐もあって、本が大好きな子に成長しました。

コロナ渦で今は開催されていませんが、文化会館や周辺をめぐるスタンプラリーのイベントがあったりと家族がお休みの日を満喫できる施設でもあるんです。
春は桜、秋にはイチョウと、緑が多く、散歩するにも道が整備されているのでとっても歩きやすいです。これで日ごろの運動不足も解消できるかな。

ぜひ、家族みんなで行ってみてはいかがでしょうか。

 宇都宮市明保野(あけぼの)公園
住所:栃木県宇都宮市明保野町1530-11
24時間営業(公衆トイレあり)
アクセス:JR日光線鶴田駅から車で4分。(徒歩20分)