宇都宮を一望できちゃう「八幡山公園」

宇都宮市民ならば一度は行ったことがある場所、それが今回ご紹介する「八幡山公園」。宇都宮市内の中心部にあるのに、ちょっとお出かけをした気分になる場所なのです。

高台の上には公園が!

JR東北本線・宇都宮駅から2.5km。車を走らせること約10分。高台に位置する公園が見えてきました。八幡山と名前に「山」あり、昔、ここは地形図で用いる一等三角点の一つでもあったようです。

大きな遊具がお出迎え!

公園内の駐車場を上がっていくと目の前には大きな遊具やアスレチックがお出迎え。こちらの遊具は小さな子から大人まで幅広く遊ぶことができます。

私も甥っ子と一緒にローラーのついたすべり台を滑ってみました。

ローラーでお尻が痛くなるけれど、久しぶりのすべり台!すっごく楽しんじゃいました。

遊具の下には「ゴーカート」もあり、楽しく運転しながら交通ルールも学べちゃいます。

スリル満点のアドベンチャーブリッジ

公園内の東西を結ぶ「アドベンチャーブリッジ」は高さ30m・全長150m あり、つり橋で高さもあるので、強い風が吹くと少しだけ揺れてスリルを味わうことも。

子どもたちはそんなことおかまいなしでどんどん先に進んでいってしまいます。「待ってー!」なんて言いながら早歩きで追いつきました。

お目当ての宇都宮タワー

つり橋を渡ると目の前には、展望台から市内を一望できちゃう「宇都宮タワー」がそびえたちます。このタワーはテレビの電波塔の役割をしていて、スカイツリーや富士山も天気が良ければ見ることができます。

しかも展望台の上にある望遠鏡は無料で使うことができました。

これには娘も甥っ子も大はしゃぎ!「自分の住んでいる場所が見えるかなぁ?」「県庁には誰かいるよ!」なんてはしゃぐ声も周りからは聞こえてきました。

お花見もできちゃう名所スポット

ちょうど訪れたこの時期は桜の見ごろだったこともあり、多くのお花見をする方が見受けられました。ここは桜の名所でもあるんですよ。約8000本の桜と宇都宮タワーの共演できる写真も撮れちゃいます。

桜だけでなくツツジも有名で、季節を問わずお花見をすることができます。

お花見といえば食べ物ですが、近くに売店もあるので、おでんやラムネを楽しむこともできました。

動物を観察してみよう

園内を進んでいくと「動物広場」がひろがり、まるで動物園に来たような錯覚を味わえます。

タンチョウヅルやクジャク、ワオキツネザルやカピバラ、ポニーまでその種類も幅広く混合飼育も見学することができます。

動物のにおいも体験できるのが子どもたちにとってもいい経験。曜日によってはエサやり体験ができることもあります。坂道を登ったり、下ったりしながら、散歩マップを片手に園内を歩いて回れました。マップには各コースと距離、歩数、消費カロリーや脂肪燃焼グラム数も書いてあるので参考になります。急な坂や階段もあるので足元に注意しながら進みましょう。

お得に遊んでみよう

公園の入園料は無料ですが、宇都宮タワーとゴーカートは有料になるのでご注意を。高校生以下の子どもや障がい者・同伴介護者(障がい者手帳を提示)はタワーが無料になったり、うつのみやタワー無料日もあるので、ホームページをこまめにチェックしてお得に遊びに行ってみてくださいね。

八幡山公園
住所: 栃木県宇都宮市塙田5-1-1
アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」から徒歩約26分
電話番号:028-624-0642
営業時間:宇都宮タワー(展望台) 9:00ー16:30
ゴーカート 9:00ー16:00
定休日:年末年始(12月29日から1月3日)
    宇都宮タワー・ゴーカートは月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
駐車場: 70台(東駐車場20台、西駐車場50台)