絶景!巨大風車と満開のヒマワリ!郡山市の「布引高原」

郡山市内で一番の絶景を拝める「布引高原(ぬのびきこうげん)」を知っていますか?
学生時代にはじめて家族と訪れてからずっとお気に入りの場所なのですが、今の時期にしか見ることができない景色があると聞いたので、さっそく行ってきました!

巨大風車のある高原

郡山市湖南町にある布引高原は、市内の西部にある標高約1000mの高原です。

「風の高原」と呼ばれるここには、高さが約100m、羽根の長さが約30mの巨大な風車が林立しています。この風車は、磐梯山(ばんだいさん)や猪苗代湖から吹き寄せる高原の風を利用し発電を行う、風力発電用のものだそうです。

青葉が生い茂る山の中で、大きな白い羽を優雅に回す風車の様子は、圧倒的な自然の力を感じることができます。

高原には、砂利が敷かれた駐車場や清潔に整備されたお手洗いなどもあって利用しやすいことから、春から秋にかけてたくさんの人が訪れる観光スポットにもなっています。

というのも、巨大風車はもちろん、駐車場から1分ほど歩くと「開拓の碑」が立っていて、ここからの眺めが絶景なんです!この日も、猪苗代湖や磐梯山、飯豊山(いいでさん)を一望することができました。

夏限定の絶景スポット

そして振り返ると、まぶしいほどに色鮮やかなヒマワリ畑が!

そう、8月の布引高原はヒマワリの花を楽しむことができるんですよ。11ヘクタールの広大な敷地におよそ22万本が植えられているそうで、一斉に咲いている様子は黄色い絨毯のよう。どこにカメラを向けても、青空に映える鮮やかなヒマワリと白い風車というすてきな構図で撮影ができるので、自然とテンションもあがります。

周りもスマホやカメラを持って、旬の景色を写真におさめようとする人ばかり。この時期の布引高原に来るのは初めてでしたが、これだけ咲競う様は圧巻の一言でした。

こちらでは、2011年頃からヒマワリが数多く植えられるようになり、8月下旬から9月中旬にかけては、ヒマワリが咲く名所として紹介されるようになったそうです。
今年はお盆前後に雨続きとなったことから、例年より少し遅れて見ごろを迎えた様子。

散策路も設けられているので、高原の涼しい風を感じながら付近を散策することができます。
15分ほど歩くと展望台があって、上に登れば広大なヒマワリ畑を見下ろせますよ。

また散策路から少し離れた場所には畑が広がっていて、大根やキャベツなど高原の気候を生かした農産物が栽培されているそうです。

これだけ自然豊かな場所なので動物にも人気があるらしく、周囲には熊の出没に注意するよう呼びかける看板が設置されています。駐車場の警備員の方も熊よけの鈴を付けて歩いていたので、散策目的の場合は熊よけの鈴を必ず持参したほうがよさそうです。

これからがますます見ごろ

訪れる人を楽しませている布引高原のヒマワリは、郡山市湖南町の布引高原野菜生産組合の方々が種をまいたものだそう。

6月中に時期をずらして2回にわたって種をまいているので、2回目に種を播いたヒマワリは、秋のお彼岸頃にかけて見ごろをむかえる予定だということです。

また布引高原は、ヒマワリだけでなく菜の花やコスモスの名所としても知られているので、季節ごとに違った花々を楽しむことができるのも魅力ですよ。
郡山市で絶景を楽しみたいなら、布引高原が断然オススメです!

布引高原
住所:〒963-1631 福島県郡山市湖南町赤津
交通:JR東北本線 郡山駅から車で1時間
定休日:積雪のため12月〜4月下旬まで閉鎖