都心で四季を伝えてくれる!仙台市民の憩いの場 青葉区「錦町公園」

仙台ではここ最近あたたかな日が続いています。風がふわっとやわらかくなったのを感じて、「あー、春だなぁ」と毎日ウキウキしています!

今日は四季折々の風景を満喫できる仙台市民になくてはならないスポット、「錦町公園」をご紹介します。

街中にある憩いの場

場所は、仙台市営地下鉄南北線勾当台公園駅から歩いて5分。まさに都会のオアシス的存在の公園です。JR仙台駅からも歩いて15分程度と、お散歩しているうちに到着しますよ。

仙台市営バス錦町公園前のバス停も目の前にありますので、さまざまなアクセス方法を選ぶことができます。

また、2018年に移転してきたNHK仙台放送局が公園と隣接していて、錦町の新たなシンボルとなっています。

ここ「錦町公園」は、仙台在住のベストセラー作家・伊坂幸太郎さんの短編小説を映画化した、2019年公開の「アイネクライネナハトムジーク」の撮影場所でもあります。

春を感じる風景に遭遇!

ある日、仙台駅前で用事があった私は、車で東五番丁通りを南へと走っていました。すると交差点の先に、一気にキラキラした淡いピンク色が現れて、思わず「うわ〜」と声が出てしまいました!

桜が満開の公園を散歩したくてたまらなくなった私はその翌日、予定の合間をぬって、またここへ来てしまいました。そのくらい、心をひきつけられる風景でした。

さっそく「錦町公園」へ

「錦町公園」は、1945年7月10日の仙台空襲で焼け野原になるまで、野球やサッカーの強豪校として有名な仙台育英学園高等学校の前身となる学校が建てられていたそうです。その記念碑が公園入口にあります。

そのすぐ奥にはベンチやトイレもあります。

花壇も整備されていました。
チューリップももう少しですべて咲きそうでしたよ。

都心でめいっぱい運動できるグラウンド

公園の真ん中には広々とした広場があります。この日は自転車の練習をする子どもたちやフリスビーを楽しむ親子連れがいました。都会のど真ん中ながら、安心して思いっきり体を動かして遊べる貴重な場所ですね!

ここは私のお気に入りの場所。
NHK仙台放送局のすぐ脇にある、オブジェが並んでいるかのようなオシャレな休憩スペースです。
ここに座って公園をながめながらランチを食べたりコーヒーを飲んだり…
この日も、お散歩途中のご年配の方や仕事の休憩をしている方、学生さんなど幅広い年齢層の人が思い思いの場所に座って、ゆったり癒しの時間を過ごしていました。

「錦町公園」の奥へ行くと…

奥にはこれまた広い芝生のスペースが!

桜がキレイなこの日は、このエリアにレジャーシートを敷いてピクニックをする方でにぎわっていました。

芝生のエリアには、ぐるりとそのまわりを歩くことができる歩道があります。

さっそく散策してみると、桜の木の下で会社の新入社員研修をしている人たちを発見!こんなさわやかな環境で研修ができるなら、緊張も和らぎそう♪

また、ステキな和装に身を包んで、結婚式の前撮りをされているお二人が!
お花見をしている人たちからも「おめでとう」「すごくキレイ」と、祝福する声があがっていました。
お二人にとって、いつまでも忘れられない、大切な1日になるでしょうね。

さまざまなイベントも開催

「錦町公園」は、ビールのお祭り仙台オクトーバーフェストや仙台定禅寺ストリートジャズフェスティバルなどのイベント会場としても有名です。(どちらも2020年以降コロナ感染拡大防止のため会場での開催は見送られています。)

今は延期になるイベントばかりで残念ではありますが、またにぎやかなイベントが開催される日が近いことを願っています。

仙台市民に愛される、なくてはならない憩いの場、「錦町公園」。
都心のせわしない毎日を忘れて、ちょっとひと休みしに、ぜひ行ってみてください。

錦町公園
住所:宮城県仙台市青葉区本町2丁目21
アクセス:仙台市営地下鉄 勾当台公園駅徒歩5分、仙台市営バス 「錦町公園前」バス停より歩いてすぐ