大迫力のSL展示!ミニSLに乗れるイベントも 成田市 「栗山公園」

みなさま、明けましておめでとうございます。
今年もはりきって成田市の魅力を伝えていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、年末年始といえば、例年ならば帰省や旅行で電車や新幹線に乗る機会も多いシーズンですね。

コロナ禍以前のように、気兼ねなくいろいろなところへ行ける日常まではまだあともう少しかかりそうですが、旅行ガイドや、目的地までの乗り物の特集を見て旅行への期待を膨らませるのも楽しいものです。

私の甥にいたっては、旅行よりも乗り物そのものが好きで、この乗り物に乗ってここで乗り換えて、次はこの乗り物に乗って、それから…、という具合に、どこへ行くかよりも、いかにお気に入りを経由して移動するかがメインとして勝るようで、会うたびに資料持参で理想の乗り換え旅プランを力説してくれます。

そこで今日は、甥のように乗り物が大好きな子どもたちにもぴったりのすてきな公園をご紹介します。

子連れにうれしい駅チカ公園

今回ご紹介する「栗山公園」は、京成線成田線成田駅東口から徒歩5分。成田市役所のすぐ目の前にあります。

京成線線路の高架下に広がる芝生の広場に、大型遊具一つ、滑り台遊具が一つ、深さのある砂場、夏場には水遊びができる石畳エリアもある、遊びごたえのありそうな公園です。

残念ながら駐輪場のみで無料駐車場はありませんが、駅から歩いてすぐ、千葉交通の路線バスも近くに停まりますし、すぐ横に有料駐車場があるので家族で訪れるにも便利な立地ではないかと思います。

あると助かる!子連れトイレ事情

多機能トイレがついているのもいいですね。
子連れとしては多機能トイレは広いスペースでオムツ替えできて助かりますし、着替えをさせられるのもありがたいです。

我が子たちは、公園で遊ぶと元気すぎて着替えないことには帰れないような派手な汚し方をすることがあります。そういう時に着替え可能スペースがあると心から感謝したくなります!

大きな蒸気機関車D51

さあ、この公園のメインといえばこちら!

SLファンならずともたまらないこの迫力!

そう、蒸気機関車D51が展示されているんです。

近くで見ると本当に大きいです!黒く、厳かにそびえた山のようなフォルム。繊細に作り込まれ、磨き抜かれたパーツはまさに人類の英知の結晶!

隣の大型遊具も機関車の形をしています。

電車とSLのコラボが見られる!?

前述のとおり、この公園は電車の高架下にあるため、蒸気機関車の真上を京成線電車が駆け抜けていく瞬間に立ち会えたりもします。
これは乗り物好きのちびっこも、元ちびっこのみなさんも、俄然胸が高鳴る光景。

木々や花に癒される園内は休憩にもぴったり

また、公園内にはベンチが多く設置してあるので、電車やバスの待ち時間や、市役所の用事のついでなどに訪れて、のんびりと過ごすのにもうってつけです。

晴れた日は青空と芝生、蒸気機関車の黒い機体をぼんやり眺めながら、がたたん、がたたん、という電車の音を聞いているだけで、心から寛ぐことができます。
きっと読書や散歩もはかどること間違いなしですよ。

木々も花壇の花も手入れが行き届いた様子が見てとれ、桜やあじさいの樹がたくさん植えられていました。春には淡い桜色に、梅雨の頃にはあじさい色に、それぞれうつくしく包まれた、また今とは様子の違うSLの姿をみることができるようです。

月に一度ミニSLイベント開催中!

さらに、この公園では月に一度、無料でミニSLに乗れるイベントを開催しています。
これは子どもたちに大人気のイベントです!
新型コロナウイルス感染症対策として開催をしばらく見合せていましたが、令和3年12月から再び運行しています。

線路には、本物そっくりの踏切もあって本格的です!

直近のイベントデーは1月23日。午前10時から午後3時、そのうちの正午からの1時間は点検整備のため運休とのこと。
しかし、とても人気なので早めに受付が終わってしまうこともあるようです。

ミニSL運行スケジュールは成田市役所のホームページでチェックできます。ぜひ、そちらも確認しながら、大迫力のSLを目の当たりにしてみてくださいね。私も今度は甥を連れて遊びに行ってみようと思います。

栗山公園
住所:〒286-0033 千葉県成田市花崎町749−1
アクセス:京成線成田線成田駅東口から徒歩約5分
電話:0476-20-1562
(成田市役所 都市部 公園緑地課)
営業時間:年中無休