バレンタインデー間近!公津の杜「フェーブ・ド・カカオ」で選ぶチョコレート

すっかりバレンタインデーシーズンですね。
今日は成田でチョコレートと言えばここ!という名店、公津の杜(こうづのもり)にある「フェーブ・ド・カカオ」をご紹介します。

住宅街の中に静かに佇む、まるで物語に出てくるようなかわいらしいお店です。アプローチを上がるとすでに洋菓子の甘やかな香りがただよってきます。

目移りしてしまう洋菓子たち

店内へ足を踏み入れると、まず目を引くのはかわいらしくておいしそうなケーキたち。
どれもこれもとびきり幸せな味がするに違いありません。「ここからここまで全部ください」と言ってしまいたい衝動に駆られます。
ちなみにこちらのケーキ、バレンタインデーの時期はチョコレート商品に注力するため一部商品の販売をお休みするとのことなのでご注意を。チョコレート系のケーキであればバレンタインデーの時期もお取り扱いしているそうですよ。

こちらは注文してからクリームを詰めてくれるシュークリーム。

お店の名前にもなっている、看板商品フェーブドカカオ。

さらにちょっとした手土産にもできるナッツ菓子や、そのほか焼菓子、生チョコレートなど本当に種類豊富でした。

いつまでもここにいて、甘い香りを吸いながらきらめくお菓子を眺めていたい気持ちになります。

バレンタインデーにおすすめのボンボンショコラ

どれもこれも、それこそショーケースの端から端まで全部を紹介したい思いをグッとこらえ、今日はこちらのボンボンショコラをご紹介いたします。

ショコラティエがひとつひとつ厳選し仕上げた様々な味わいのチョコレートがずらり。
ビターテイストでカカオ濃度の高い「カカオ」もあれば、甘く優しい味わいのミルクチョコレート「ラクテ」、ヘーゼルナッツを使った「ノッチョーラ」、少し珍しい「アステカ」は唐辛子を使ったチョコレート、定番の苺や抹茶はもちろん、ラムやリキュールなどお酒を使った大人テイストのチョコレートもあります。

ひと粒でも購入できますが、これをお好きな組み合わせで4粒入り(1190円)や6粒入り(1690円)などで箱に詰めたものがバレンタインデーに特に好評なのだそう。たくさんのフレーバーの中から、渡す相手の好みを考えて選ぶのが楽しいですね。好みの違う人達に配るのにもピッタリ。

ギフトラッピングや配送も可能

ボンボンショコラや生チョコレートは箱がかわいくて、そのままでも充分プレゼントになりますが、有料ラッピングもお願いできます。
また、お店から宅配便で配送してもらうこともできるので遠方の方に贈ることもできますよ。

さまざまな味わいが楽しめるのが魅力

悩みに悩んで、ミルクチョコレートの「ラクテ」、ラズベリーとビターチョコレートの「フランボワーズ」、珍しいスミレリキュールを使った「スミレ」、これも初めて出会った唐辛子入り「アステカ」にしました。

ラクテは一瞬でわっと口一杯に甘さが広がって押し寄せ、かと思うとすっと口溶けてひいていきました。子供たちもおいしく食べられるチョコレートです。

フランボワーズは、あまずっぱいラズベリーの味わいと芳醇なチョコレートのコクが駆け抜けていきます。生まれて初めて、チョコレートがシャンパンに合うというのはこういうことか…と感じました。

スミレは、漠然とフルーツフレーバーのようなイメージをしていましたが、フルーツのような酸味はなく、ほのかに華やかな香りを含んだチョコレートとホワイトチョコのミルク感が口に広がります。一度食べたら次回も買いたくなるチョコレートだと思います。

アステカは唐辛子入りとのことでドキドキしましたが、とてもおいしかったです。
こっくりと風味豊かなチョコレートで、飲みこんだあとからほんの少し唐辛子のスパイシーさが舌にヒリリッと残る、ふしぎな感覚でした!

4つともそれぞれ味わいが全く違っていて、ワクワクしながら楽しめました。
そしてどれもがとても濃厚なので、食べ終わったあとの吐息までチョコレートがまじっているような、贅沢で幸せな気持ちに浸ることができます。

人気店なので、バレンタインデー前は電話予約が確実です。
個数や受け取り希望日時を電話前に決めておくとスムーズかと思います。
もちろんバレンタインだけではなく、がんばった自分へのご褒美や大切な方へのギフトにもおすすめです!ショコラティエの作るチョコレートの中から、ぜひ一番のお気に入りを探しにお店を訪れてみてください。

Feves.de.Cacaoフェーブ・ド・カカオ
住所:千葉県成田市公津の杜2丁目31−1
アクセス:京成本線公津の杜駅から徒歩10分
電話: 0476-27-8603
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日 第1・第3・第5火曜日