日々の息抜きに!和モダンがテーマの「cafe 波音」新鎌ヶ谷駅

日々の疲れにほっと一息、居心地のよいカフェでお茶したい日はありませんか?
友人とのランチはもちろん、ひとりでふらっと寄るにも最適なカフェが新鎌ヶ谷駅の近くにあります。

そのお店の名前は「cafe波音」さん。
波の音とかいて「はおん」と読みます。

生命の誕生に深く関係する海。そんな深く関わりのある波の音を聞けば誰しもが癒されるのではないか?
店名にはそんな由来があるそうですよ。

名前の通り、おだやかで癒される「cafe波音」を本日はご紹介します。

新鎌ヶ谷駅から徒歩5分

新鎌ヶ谷駅東口から徒歩5分。
「CAFE HAON」と書かれた看板が見えてきます。

シンプルで洗練された雰囲気のある外観です。
お昼すぎは混雑するため、11:00ピッタリ開店の時間に入ることにしました。

開店直後からにぎわう和モダンな店内

開店してすぐ店内に入るも、すでに先客が2組。
予約席も用意されています。

4人がけのテーブル席が7つ。中央は最大8人で座れるテーブルとなっています。
カウンターや窓際にも席があり、おひとり様にも向いています。

木目調のテーブルや椅子はカラーが統一されていて、オシャレ!
また、大きくひらけた窓からは光が差しており、自然光で明るくなる店内。
太陽のあたたかさを感じられる雰囲気はとてもステキです。

また、窓際のひとり席には一輪の花が挿しており、気分が明るくなります。

テーブルの上にはデザートの写真が置かれています。
定番のチーズケーキから季節限定の商品までその種類はさまざま。

どれもおいしそうで、ランチを選ぶ前からワクワクしてしまいますね!

程なくして、店員さんがメニューを持ってきてくださいました。

和から洋まで豊富な品揃え

メニューは和から洋までさまざま!
定番の「波音セット」は、しょうが焼きがメインの「波セット」、
あんかけ固焼きそばがメインの「音セット」の2種類。

季節によってメインも変わるようです。

薬膳カレーなどもあり、こちらを頼まれている方も多くいました。
また、パン系の食事も充実!
エビフライトーストサンドや、ピザトーストなど、どれもおいしそう〜!

悩んだ末に、私は定番の「波セット」を頼みました。

こだわりの飲み物と昔ながらの生姜焼き

「波セット」にはドリンクが選べる仕様となっており、私はアイスティーを注文。
そしてアイスティーとともに運ばれてきたのは、カシスブドウ酢!
小さな透明おちょこに入っており、きれい。

匂いはお酢の主張がありますが、とっても飲みやすく後味のブドウが爽やか。
アイスティーもしっかり茶葉の香りが感じられ、すっきりした味わい。

あたたかくなってきたこの季節にピッタリなドリンクです。

そして5分ほどして、料理が運ばれてきました。
「ごゆっくりお過ごしください」と笑顔で運んできてくださった店員さんに癒されつつ、バランスの良い料理に胸が躍ります。
彩りもよく食欲がそそられる見た目。

さっそくしょうが焼きをひとくち。

生姜がしっかりきいており、砂糖ではなく、豚肉の甘みをよく感じられる味わい。
あめ色になった玉ねぎはサクサクした食感が残っておりおいしい!

よく見ると、細切りにした生姜がはいっていました。
お肉の満足感とともにサッパリさもあるのでパクパク食べられます!

酸味がしっかりきいたマリネ、優しい味の煮物、あたたかい味噌汁、ガツンとしつつ胃もたれしないメイン、健康的なごはん。
バランスが完璧で、お腹も心も満たされる定食です。

うれしいひんやりミニデザート

食べ終わったあとに届いたのは、黒豆きなこのアイスクリーム!
なんとこの波セット、ミニデザートまでついているのです。

きな粉ベースのアイスに、黒豆のホクホク感と素朴なあまみがとっても合います。
食後にちょうど良いサイズで、お口もさっぱり。

うれしいひんやりデザートでした。

終始店内には店員さん同士の会話がやさしく響き、心がホッとします。
お客さんは常連さんをはじめ、ひとりの方もたくさんいましたので、抵抗なく入れると思いますよ。

最初から最後まで居心地のよい、落ち着いた雰囲気のカフェでした。
新鎌ヶ谷駅に立ち寄った際にはぜひ!
ほっと一息しに「cafe波音」さんへ行ってみてくださいね。

cafe波音
住所:千葉県鎌ケ谷市新鎌ヶ谷1-11-30 グランベル1階
アクセス:東部アーバンパークライン・北総線・ 新京成線「新鎌ケ谷駅」から徒歩3分
電話番号:047-401-1803
営業時間:11:00ー19:00(18:30ラストオーダー)
定休日:日曜日、第3月曜日

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。