甘いクレープで一休み!幕張の「crêpe SHIZUNE」

なにげなく友人のInstagramの投稿を見ていると、彼女が最近食べたというクレープの写真が目に止まりました。自分が最後にクレープを食べたのは学生時代…。久しぶりに生クリームたっぷりの甘さが恋しくなってきたため、休みを利用して駅近くのクレープ屋さんに行ってきました!

駅チカの、小さなかわいいお店

JR幕張駅の南口を出て、まっすぐ歩いて5分ほど。アパートの1階部分にあるかわいらしいお店が「crêpe SHIZUNE(クレープ シズネ)」です。クレープが描かれた水色ののぼりが出ているため、遠くからでもすぐにわかります!駐車場はないため、車で来た際は近隣のコインパーキングを利用する必要がありそうです。

看板には、メニュー表とともにおいしそうな写真がずらり。ここで気になったのが「竹炭を使用した黒いクレープです」の表示。クレープといえば黄色くてやわらかい生地を想像しますが、どんな見た目になるのでしょうか…?ちょっとイメージできません。

正面のカウンターで、メニューを見ながら注文します。王道の生クリームからアイスにホット、ピザ・サラダの甘くないクレープまで種類が盛りだくさん!目移りしてしまいますが、ここは定番の「いちごチョコバナナ」を選びました。店内で食べられるということなので、一緒にホットカフェオレも頼んで支払いを済ませます。

センスのよい、おしゃれで遊び心ある店内

注文後は、カウンターの右側のドアを開けてイートインコーナーへ。コートを着ないと肌寒い時期ですが、お店の中は暖房がきいていて暖かかったです。

テーブル席とカウンター席の用意された店内は、遊び心が満載。キュートな絵や置物が並び、備え付けのiPadでは洋画が流れていました。先客に常連さんとおぼしき男性がおり、店員さんとのおしゃべりを楽しんでいます。

いちごとバナナに生クリームたっぷりの、竹炭入りクレープ

はじめに温かいカフェオレが到着しました。水色のカップが爽やかでステキです。ほっと一息つきながら、クレープを待ちます。

ほどなくしてクレープも到着!思ったよりも大きなサイズで、ずっしりした重量感です。中身がたっぷりつまっている証拠ですね。巻かれたブルーの紙には店名が入っており、文字配置やカラーにセンスの良さを感じます。紙からのぞく生地の色はたしかに黒い!どんな味がするのか楽しみです。

そして上からの眺めがこちら!きれい…と思わずつぶやいてしまいそうなほど、黒みがかった生地に生クリームの白といちごの赤、チョコソースの色がよく映えています。

ひとくちほおばると、生地のパリパリ感と生クリームの甘さ、いちごの甘酸っぱさとバナナの味わいが一気に押し寄せます。チョコソースが全体をまとめていて、これが幸せの味…!とうれしくなってしまうほど。学生時代、クレープを友人と食べ歩きした記憶がよみがえります。

竹炭の入った黒い生地ですが、通常の生地と味は変わらないように感じました。ただ、メニュー表によれば竹炭は天然ミネラル成分が豊富で、デトックス効果も期待できるそう。ちょっと得した気分ですね。

生地の端はパリパリで、食べ進めるうちにもちもちの食感に変化していきます。驚いたのは、下のほうまで生クリームとフルーツがたっぷり詰まっていたこと。今までに食べたクレープは、どんどん中身が少なくなるものばかりだったので、感動してしまいました。

満足感ある絶品クレープで、ステキな時間を!

なかなかのボリュームでしたが、胃もたれすることなく食べ終えることができました。店員さんも気さくで雰囲気がよく、常連さんの様子からも地域に愛されていることがわかります。近くに立ち寄った際は、ぜひ「crêpe SHIZUNE」でおいしいクレープを食べて、至福の時間を過ごしてください!

crêpe SHIZUNE
住所:千葉県千葉市花見川区幕張町5-451-7
アクセス:JR総武線 幕張駅南口より徒歩5分、京成千葉線 京成幕張駅より徒歩6分
営業時間:11:30~18:30
定休日:不定休(Twitter、Instagramにて都度告知されています)