八千代市の魅力を伝える情報がギュッと詰まった観光スポット!「道の駅やちよ」

旅行などに行った時、道の駅に行ったことがある方は少なくないでしょう。
八千代市にも市民と農業者、商工業者の相互の交流と農業復興を目的に、1997年に道の駅が誕生しました!

今回紹介する「道の駅やちよ」では、八千代市の魅力を紹介していたり、八千代市で採れた野菜などを販売しています!
農業体験やいちご狩りなども楽しめる人気観光スポット「道の駅やちよ」を紹介します!

国道沿いにある道の駅

年末国道16号線を運転していた私は、休憩がてら久しぶりに「道の駅やちよ」に寄ってみました!
施設は広く、調べたところ数年前に対岸の「やちよ農業交流センター」、「ふれあい農業の郷歩道橋」も「道の駅やちよ」の一部になったそうです。
駐車場は普通車が約100台止められる広さがあったので、私のようにドライブがてら寄りたい人にも優しい施設ですね!

メインの施設は八千代ふるさとステーションで、入ると八千代市のキャラクター「ぴーちゃん」が真っ先に目に入りました。
私の身長よりも大きく、リアルな表情を持っており、泣いてしまう子どももいるのではないかと思う強烈な見た目です(笑)。

八千代産の野菜たち

道の駅と言えば、その地域で採れた野菜や製品の販売が気になりますよね。
こちらは野菜販売コーナーで、山盛りの野菜が入ったかごが一面に並べられています。
新鮮さはもちろん、スーパーでは見たこともない大きさの白菜や、赤い色の人参など珍しい者も販売されていました!

こちらは八千代市を中心に、千葉県から全国の名産品を扱うコーナーです!

奥の棚にはさまざまな調味料が並んでおり、千葉の名産ピーナッツを活かしたバターやドレッシング、千葉の名産梨を活かしたお肉のソースなども売られていました。

お家用にはもちろん、お洒落な包装かつあまり見ない製品なので、八千代や千葉県のお土産にも良さそうです!

八千代市ならではの遊びや農業体験も!

施設内には他にも、観光についての情報を掲載しているコーナーもありました。

新川サイクリングロードマップや、以前記事でも触れた「八福神めぐり」のポスターなども貼ってあります。
ここに来れば、八千代市ならではの魅力をすぐに知ることができるでしょう!

今回は行きませんでしたが、新川対岸にある「やちよ農業交流センター」では農業体験や料理教室も行われています。
こちらの農業体験は子どもも一緒に楽しめて大人気なので、HPで情報をチェックして予約をする必要があります。
2022年1月5日からはいちご狩りもスタートするとのことなので要チェックですね!

八千代市を代表する観光スポット

今回紹介した「道の駅やちよ」さんは、農業との交流を大切にしている、八千代市の魅力を伝えるすてきな施設です!

八千代市に遊びにきた方はもちろん、住んでいる方も八千代市に関する新たな情報を得ることができるのでお勧めです。
八千代市に来たら、ぜひ「道の駅やちよ」を覗いてみてください!

道の駅やちよ・八千代ふるさとステーション
   住所:千葉県八千代市米本4905-1
   交通:東葉高速鉄道または京成電鉄勝田台駅北口から村上団地行きのバスに乗車、村上団地第一バス停降りてすぐ
   電話:047-488-6711
   営業時間:9:00~19:00
   定休日:毎月第2月曜日、年末年始