カッコいいキッチンカーで自家焙煎のコーヒーを!青葉区「アニーコーヒーロースター」

ここ最近、街中や公園、ショッピングモールの空きスペースなど、本当にいろいろな場所でキッチンカーをよく見かけます。

いい香りに誘われて近くまでは行ってみるものの、店舗と違って口コミも調べられないからどんな味かも分からない…という不安で、なかなか買う勇気がないままでいました。

今回、たまたま通りかかった青葉区中山の「タムカフェ」さんの駐車スペースに、とてもオシャレなキッチンカーを発見しました。その隣に「アニーコーヒーロースター」というノボリが出ています。

カフェ好きな友だちがよくインスタグラムに載せているお店で、味の良さとオシャレな雰囲気が好きでリピーターになっていると聞いていたので、私もずっと気になっていたお店でした。「これはキッチンカーデビューするしかない!」と列に並びました。

センスのいいキッチンカー

まず心奪われたのは、キッチンカーの外観です。マットなカーキ色のボディにグレーで“ANNIE COFFEE ROASTAR”のシンプルな文字がフロントドアに書いてあります。

濃いめの木目調のカウンターと、アイアン製の無骨でカッコいいライト。ドライフラワーのスワッグがさりげなく飾られています。
キッチンカー全体から、今流行のインダストリアルな雰囲気が漂っていました。

メニューもコーヒー豆もいろいろ選べます

メニューはカウンター手前の黒板に書いてありました。この日は天気がよく気温も上昇してきていたので、アイスカフェラテに決定!

次にコーヒー豆の種類を選びます。
どれも自家焙煎した豆を使っているそうです。

オーナーの奥村さんの分かりやすいコーヒー豆の説明がカウンター横に貼ってあるので、詳しくない方でも安心して選ぶことができると思います。とても気さくで話しかけやすいオーナーなので、自分の好みを伝えてセレクトしてもらうのもいいかもしれません。

私は「カフェオレにオススメ」という説明を見て、“インドネシア マンデリン ビンタンリマ”でお願いしました。

すべてハンドドリップで丁寧に

注文を受けてから、ひとつひとつ丁寧にドリップしてくれます。そのため時間はかかりますが、その分自宅では味わえないコーヒーがいただける!と思うと、待っている時間すら愛おしく感じられます…。

ドリップが終わると、氷でよく冷えた牛乳に温かいコーヒーを注ぎ込みます。

受け取って、さっそく一口。
コーヒーがガツンとしっかり濃い味!
「おいしい~」と声が出てしまいました。

今回出店していた「タムカフェ」さんのお庭は、緑がいっぱいで深呼吸したくなるくらい気持ちいい環境です。ここでもコーヒーをいただけます。

通常は青葉区北山の店舗で営業

この「アニーコーヒーロースター」さんは、青葉区北山で店舗としても営業しています。
私はまだ伺ったことはありませんが、SNSで調べてみると、仙台市内を一望できる小高い場所に、キッチンカーと飲食スペース用の大きなテントが張ってあり、今流行のキャンプをしている気分でコーヒーを楽しめる雰囲気でした!そちらもお邪魔したいです。

毎週火曜日はこちら「タムカフェ」さんの駐車スペースへ出店予定ですが、詳しいスケジュールは「アニーコーヒーロースター」さんのインスタグラムに掲載されていますので、出掛ける前に必ずチェックしてください。

ひとつひとつ丁寧に入れられたおいしいコーヒーを、好きな場所でゆったりいただけるのは至福の時間でした。
みな皆さんもぜひ一度行ってみてください。

アニーコーヒーロースター

毎週火曜「タムカフェ」に出店
住所:宮城県仙台市青葉区中山2-18-5
アクセス:JR仙山線北山駅より歩いて8分
営業時間:11:00-17:00
電話番号:080-5221-0202
定休日:こちらでは火曜日のみ営業、通常は青葉区北山の店舗にて営業(仙台市青葉区北山3-8-18、営業時間 11:00-18:00 イベント出店の日もあり、インスタグラムで予定を確認してください)
※新型コロナウイルス感染拡大等により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。訪問時は事前に店舗に確認ください。