もっちりパンがおいしい!幕張住宅街の「Bakery Lico」

コンビニで売っているパンもおいしいのですが、無性に「パン屋さんで売っているパン」が食べたくなるとき、ありませんか?
お店の温かな雰囲気も好きですし、「何を食べようかな?」と迷う時間がとても楽しいんですよね。
今回は、住宅街にある小さなパン屋さん「Bakery Lico」を紹介します。

住宅街のなかの、小さなかわいいお店

おいしいパンが食べたくてネット検索したところ、ヒットしたのがこのお店。
地図で場所を確認すると、住宅街の中にあるようです。
近くは何度も通ったことがありますが、お店なんてあったかな…?
ドキドキしながら向かいます。

近くまで来ると、「Bakery」と書かれたのぼりを発見!
一軒家のドアが開け放たれ、温かみのある木のショーケースにパンが並んでいます。

おいしそうなパンに目移り

ほうれん草のベーコンチーズブレッド、本日のマフィン、クランベリーとクリームチーズロール、フランスパン…おいしそうなパンに心が踊ります。

今回は、上記写真のほうれん草のベーコンチーズブレッド・マフィンを購入しました。
お店の方に尋ねたところ、本日のマフィンは紅茶とのこと。
物腰やわらかくてやさしい方が接客してくださいました。

新たなお店を開拓できたうれしさと、おいしそうなパンへの期待…。
はやる気持ちを抑え、急いで自宅に戻ります。

もっちり、やさしい味のパン

さっそく、ほうれん草のブレッドから食べていきます。
ベーコンのピンク色にほうれん草の緑が映えて、きれいな見た目です。
溶けたチーズもおいしそうですね。

一口ほおばると、まず驚いたのはパンの食感です。
想像していた乾いた感触と異なり、もちもちの生地!
その後、チーズの香ばしさとベーコン・ほうれん草の風味が追いかけてきます。

上に乗った食材たちが、もっちりしたパン生地に絶妙にマッチしています。
やはり、ベーコン・チーズ・ほうれん草は間違いない組み合わせですね。
ぺろりと完食してしまい、「もう1つ買ってくればよかった…」と思ってしまうほど。
ボリュームはありますが重たくなく、優しい味のパンです。

ずっしり、大満足のマフィン

続いて、紅茶のマフィンもいただきます!
アーモンドスライスがちりばめられていて、見た目からも茶葉がしっかり入っていることが分かります。
フォークを入れてみると、中はしっとり。
口に入れると、紅茶の香りが口いっぱいに広がりました。
なんだか贅沢な気分…。ほどよい甘さで、こちらもパクパク食べられます。
中身がしっかり詰まっていて、大満足のマフィンでした!

素材にこだわった、体にやさしいパンをぜひ!

あとからホームページで調べてみると、「Bakery Lico」は天然酵母や国産小麦を使った、体に優しいパンづくりにこだわっているそう。
旬の野菜や果物などを使っているため、品揃えは随時変わっているようです。
マフィンも日替わりなので、何度も通う楽しみがありますね。

注意点は、パンが売り切れ次第営業終了となること。
日を改めて午後に訪問したところ、お店はすでに閉まっていました。
規模も小さいため、購入したい場合は午前中の訪問がマストになりそうです。
みんなに知ってほしいけれど、自分だけにとどめておきたい。
そんな魅力あるパン屋さんでした!

Bakery Lico
住所:千葉県千葉市花見川区幕張町5-238-3
アクセス:JR中央・総武線「幕張駅」より徒歩10分
     京成千葉線「京成幕張駅」より徒歩13分
電話番号:043-386-3015
営業時間:水・木・金 9:00-売り切れまで
     土曜 9:00-12:00
定休日:月・火・日