花見川区の憩いの場!穏やかな時間が流れる「しらさぎ公園」

区役所での用事を済ませた昼下がりの帰り道。そういえばこの近くに公園があったことを思い出し、天気もよいため少し歩いてみることにしました。

学校・市役所近くのにぎやかな公園


今回ご紹介する「しらさぎ公園」は、JR総武線の新検見川駅から徒歩20分。花見川区役所や小学校が近くにあります。

また、サイクリングやランニングができ、千葉市花見川区~千葉市美浜区にまたがる「花見川サイクリングコース」に隣接。春には花見川沿いに桜が咲き誇る、自然豊かで落ち着いたエリアにある公園です。

すぐそばが住宅街ということもあり、駐車場はありません。車での訪問は難しいため、バスを活用するとよさそうです。

入り口には、公園名が記された大きな石碑が建っています。リアルなしらさぎの絵が、なんともいい味を出していますね。訪れたのが平日の14時ごろのためか、周辺は下校途中の小学生でにぎわっていました。

公園の中へ足を踏み入れると、高くそびえるしらさぎのモニュメントがお出迎え。翼を広げた姿からは、いきいきとした躍動感が伝わってきます。

花見川区発祥の「大賀ハス」が見られる池

モニュメントを通り過ぎて少し歩くと、池が見えてきました。これは、千葉県の天然記念物・そして千葉市の花である「大賀ハス」の池だそう。6月中旬~7月にかけて、ピンク色の美しいハスの花が咲き誇るのだといいます。

この大賀ハスは、なんでもこの公園からほど近い「東京大学検見川総合運動場」が発祥の地で、地域の方にもなじみ深い花なのだとか。季節になると、その花を見に来る人々で大変にぎわうのだそうです。開花が近くなると、千葉市のホームページで花の状態が確認できます。

池の周りは散歩できるよう整備され、小さな橋もかかっています。現在の様子は少しさみしいですが、花が咲く季節が今から楽しみですね。

野球場・遊歩道もあり、ひろびろとした穏やかな空間


池の奥には野球場があり、子どもたちが練習に励んでいました。野球場の近くには水飲み場とトイレがあり、思いっきり運動して汗をかいても安心の環境です。
野球場を使用するには、事前に千葉市のホームページから予約が必要なようです。

遊歩道を進んでいくと、休憩スペースがありました。このほかにもベンチがたくさん用意されており、散歩やランニングにもぴったりですね。

今は冬のため緑も少ないですが、たくさんの木々が植えられ、自然豊かなところもこの公園の魅力でしょう。春にはたくさんの緑が生い茂り、美しい景色となるのだろうな、と感じました。

また歩いている途中には、小さなお子さんを連れたお父さん・お母さんとも多くすれ違いました。子どもたちの声でにぎわう、穏やかな時間が流れていきます。

公園の奥には、竣功記念の大きな石碑もあります。

地域の人から愛される、憩いの場


さらに奥へ進むと、サイクリングロード沿いに大きな遊具がいくつも並んでいました。仲良く遊ぶ子どもたちの姿に、元気をもらえた気がします。

乳幼児から小学生まで、多くの子どもが楽しく過ごせるしらさぎ公園。散歩中のお年寄りも多く、世代を問わず人々の憩いの場として愛されている場所だと感じました。

お子さんがいる方はもちろん、ゆっくりと時間を過ごしたい方にはぜひ訪れてほしい公園です。わたしもハスの花が咲く季節に、改めて足を運びたいと思います!

しらさぎ公園
住所:千葉県千葉市花見川区瑞穂1-4
アクセス:JR総武線「新検見川駅」より徒歩20分、バス停「花見川区役所」より徒歩4分