普段の野菜不足の解消に!宇都宮市砥上「ベジタブルキッチン サンテ」

??????

JR日光線鶴田駅から車で6分。砥上通りを進んでいくとやわらかなグリーンの壁が目印のお店が見えてきます。

そのお店は「ベジタブルキッチン サンテ」さん。
今回はこちらのお店をご紹介いたします。

野菜不足の救世主!

『野菜をおいしく食べて、健康でキレイになる』がコンセプトのお店。地元野菜を使っていて『うつのみや地産地消推進店』なのもうれしいポイント。

最近野菜が足りないかも…と思うときにはいつもこのお店に助けてもらいます。料理は嫌いじゃないんだけど、なかなかスイッチが入らなくてメニューもワンパターンになりがち。いつもの野菜たちが全く違った料理で出てくるので、行くたびに新しい発見があります。最初は、野菜のみを使った料理のお店かなと思ったけど、卵や牛乳を使ったメニューなどもありますよ。

日曜日のお昼過ぎに私は娘とお店に行きましたが、年配のご夫婦や気の置けない友人同士で来ているお客さんが多くみられました。

野菜のランチを食べてみよう

ランチメニューは「ベジめし」と「ベジめしプラス」のセットがあり、私たちはベジめしをセレクト。こちらのセットは2種類のオードブルと野菜スープに選べるメイン料理(4種類)にデザートと飲み物が付きます。

私はゴロゴロお野菜のふわとろ卵カレー、娘はパスタにしました。

オードブルもしっかりお野菜

この日のオードブルは、シュンギクのチーズ焼きと、切り干し大根のゴマ白和えに、ニンジンスープでした。

春菊の香りが口の中にふわぁっと駆け巡って「これ、おいしい!」と思わず娘と顔を見合わせたくらい。濃厚なチーズとお好み焼き風味でもっとたくさん食べたい衝動に。

娘の好き嫌いがなくなっちゃうかも

切り干し大根のゴマ白和えは、いつも煮物くらいしか登場しない切り干し大根がまさかの白和え。豆腐が苦手な娘もほんのり豆腐な風味だからかパクパク食べていました。これは好き嫌いが少なくなりそうだなぁ。

こだわりたっぷりのスープ

 ニンジンのスープは体がポカポカ温まる、ニンジンの甘みが感じられる味。以前飲んだ大根のスープもおいしかったもんなぁ。メインがくるまで飽きさせないオーナーのこだわりを感じました。

毎回注文しちゃう卵カレー

ついにきたきた!メイン料理。

私の注文した卵カレーはたっぷりのボリューム。

ふんわりとした卵をスプーンですくうと、中から野菜がゴロゴロでてました。ゴボウやサツマイモなど食感の異なる野菜たちが嚙むたびに楽しい!あー、幸せ。毎回お店に行くたび、つい頼んでしまうくらい大好きな卵カレーでもあります。

パスタにもしっかり野菜が使われていました

娘の注文したパスタは白菜とホウレン草の塩味パスタ。

少し食べさせてもらいましたが、ベーコンのアクセントがくせになる。これまた自宅では作らない組み合わせ。自宅のご飯の参考にもなるなぁ。

最後のデザートまでお野菜ぎっしり!

デザートは通常、アイスクリームかシャーベットのどちらかを選ぶのですが、今回は両方選んじゃいました。

玉ねぎとキャラメルのアイスクリームと、生姜と牛乳のシャーベット、抹茶と白菜のババロアとアイスティーが席に届きました。

ほろ苦いキャラメルに玉ねぎを感じられるアイスクリーム。
「ママこれ好きでしょ?」と真っ先に言われたシャーベット。生姜がアクション起こしてくるのに牛乳のおかげでくちどけさっぱり。

抹茶が強いのかなと思っていたババロアも白菜の味がちゃんとして、いい意味で裏切られた感がありました。
前菜からデザートまでしっかり野菜を楽しむことができました。

食べるたびにココロとカラダを元気にしてくれる…そんなお店です。ぜひお近くに行った際は立ち寄ってみてはいかがですか?

ベジタブルキッチン サンテ
住所:栃木県宇都宮市砥上町1085-2
アクセス:JR日光線「鶴田駅」から車で6分
     JR日光線・宇都宮線「宇都宮駅」から車で20分
電話:028-648-9831
営業時間:ランチ 11:30ー15:00(L.O14:00)
     ディナー 18:00ー21:30(L.O20:30)
※食材がなくなり次第終了となります
定休日:毎週水曜日・火曜日ディナー・臨時休業あり

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。