感動のおいしさ!誕生日ケーキにもおすすめの青葉区中央「qu’il fait bon」

先日わが家にお招きした友人が、間もなくお誕生日だったため、ケーキを準備してお祝いしました。
今回ご紹介するのは、そのときに利用したケーキ屋さん、「qu’il fait bon」(キルフェボン)」です。

旬のフルーツを使ったタルトが有名なケーキ屋さん「qu’il fait bon」

「qu’il fait bon」は、東京や福岡など全国に10店舗を展開していて、そのうちのひとつが仙台市青葉区にあります。東北では唯一の店舗です。

季節感あふれる店内ディスプレイにも注目

おいしいタルトはもちろん、店内の装飾も注目していただきたいポイント。
季節ごとに変わる装飾がすてきなのです。
それもそのはず、「qu’il fait bon」には店内のディスプレイを手掛ける、デコラトリスと呼ばれる人たちがいるそうです。
テーマパークのようなワクワクが感じられます。

旬のフルーツが輝くショーケース

ショーケースの中には、おいしそうなタルトがずらり。
旬のフルーツたちが輝いています。

季節の食材を使っているため、いつ訪れても違うメニューがたのしめます。

時期によって品種の変わるイチゴタルトや、

こんなにかわいいカボチャのタルトも。
どれもおいしそうで、どのタルトにするか迷ってしまいます。

カフェ利用もOK!風が心地いいテラス席も

タルトは店内のカフェスペースでもいただけます。

フルーツをデザインしたテーブルクロスもおしゃれです。

ちょっとした贈り物にぴったりな焼き菓子やチョコレート

店内の右手には焼き菓子や、チョコレートのコーナーがあります。

缶や箱、すべてがすてきです。
ナッツをコーティングしたチョコレートや、クッキー、片手で食べられるパウンドケーキなどが売られていました。
ちょっとした贈り物にも喜ばれそうですね。

素材の良さだけじゃない、計算されたタルト

今回購入したのは、ビオレソリエス(イチジクの一種)のタルトと、シャインマスカットのタルト、ティラミスタルトと、丹波栗とマロンクリームタルトの4種類です。

もっとも感動したのが、ビオレソリエスのタルト。
甘さと酸味、熟れ具合が絶妙なイチジクだけでも絶品なのですが…。
サワークリームを合わせた爽やかなカスタード、上質なバターを使っていることがひとくちで分かるパイ生地。
すべてが融合して織りなす味のバランスが至高の逸品でした。

お誕生日やパーティーにもおすすめ

メッセージプレートもお願いできます。
「qu’il fait bon」オリジナルデザインのホワイトチョコプレートが108円、マジパンプレートが43円です。

ホールケーキにのせるプレートと同じサイズのため、1ピースにのせるには少し大きいですが、デザインがすてきですね。
複数のタルトを注文してホール状にしたい場合は、10ピースで円形になるようです。
大人数があつまるお誕生日パーティーに用意すればたのしそうです。

何度でも新しい味に出会える

「qu’il fait bon」は、店舗により扱っているメニューも違うとのこと。
そのため、ほかの店舗に行ったことがあっても、季節や店舗が違えば何度でも新しい味に出会えます。
初めての人は絶品タルトを味わいに、行ったことがある人は違う味に出会いに、仙台の「qu’il fait bon」、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

qu’il fait bon (キルフェボン)
住所:〒980-0021宮城県仙台市青葉区中央2-7-28 メルビル1F
アクセス:地下鉄南北線 広瀬通駅  徒歩5分
TEL:022-212-2152
営業時間:【shop】 11:00‐19:00 
     【cafe】  11:00‐17:00  (L.O16:30)
定休日:年中無休