とうふの和菓子!?成田銘菓が買える三里塚「越川菓子店」

今年も去年に引き続き、お盆もお彼岸も県外へ帰省できそうにありませんね。 

「せめて、お墓参りを引き受けてくれた地元の親戚に何かお菓子を送ろうと思うけれど
せっかくならば成田らしいもの、そして今まで 手土産にしていないものはないかなあ…」

そんなことを考えているのは我が家だけではないのではないでしょうか?今回ぴったりの和菓子を見つけたのでご紹介したいと思います。

越川菓子店は千葉県道62号成田松尾線沿い、三里塚にある和菓子屋さんです。

初めて来店する際は看板を見落としてしまうこともあるかもしれませんので、お隣りのファミリーマート三里塚梅園店か、近くのヤックスドラッグ三里塚店を目印にするのが吉。

あんこが美味しい昔ながらの和菓子屋さん

さて、私がまずお伝えしたいのは、お値段がとっても手ごろだということです!

昔ながらのお店の中には、大福100円、あん玉(あんこの中に寒天が入っています)100円、栗饅頭100円…。見ているだけでノスタルジックな気持ちが沸き上がってくるような、どこか懐かしく、おいしそうな和菓子が驚くほど手ごろなお値段で並んでいます。

私は実は元々こちらのお店の大福の大ファンです!

あんこはすっきりした甘さの中にあずき豆の香ばしさが、お餅は柔らかい食感の中に餅米のうまみが、ぎゅっと詰まっていて本当におい しいです。

これもぜひ一度は食べていただきたいおすすめなのですが、今日はこの大福ではなく、まだ食べたことのなかったこちらのお菓子を買いにきました。(と、いいつつやっぱり大好きなので大福もちゃっかり購入しました)

とうふの和菓子?その名も成田とうふ!

えっ!これってどんな和菓子なの?と思わず驚いてしまいそうな見た目ですね。

生菓子かと思いきや、違うんです。成田とうふは豆乳と卵白を使った生地で餡をサンドしているお菓子なのだそう。ごま餡をサンドした「黒ごまの香り」と、柚子餡をサンドした「柚子の香り」の2 つの味があり、どちらも税込160円で販売しています。

ちなみに予約すれば箱に入った10個入り、15個入りも購入できるので贈答にはこちらがおすすめですよ。賞味期限も冷蔵庫に入れれば5日ほど保存できるそうです。

名前に地名が入っていて見てすぐその土地のお菓子だと伝わりますし、パッケージに成田空港のイメージから飛行機があしらわれていることもあって、市外や県外の方へ贈るのにもってこいですね。

気になるお味は?ごま餡からまずは一口いただきます。


とうふの和菓子と聞いてイメージが沸かなかったのですが、生地はカステラ生地をもっとしっとりさっぱりさせたような、なめらかな舌触りです。ほのかに豆乳のミルキーさも感じられます。

そして、次の瞬間には黒胡麻の豊かな風味が口いっぱいに広がり、甘さもほどよく、緑茶はもちろん紅茶やコーヒーにも合うのではと思います!

続いては、白餡ベースの柚子餡をいただいてみます。

こちらは、甘酸っぱい柚子の香りがすっと上品に香って、小さい子供から大人まで広い世代に好まれそうな風味です。ごま餡と同じく、いろいろな飲み物と合いそうですが、熱い焙じ茶なんて特に相性ばっちりかもしれません。

どちらも豆乳生地が主張しすぎず、口当たりがいいのでおやつやお茶請けにぴったりです。

知る人ぞ知る成田銘菓「成田とうふ」や昔懐かしい和菓子を求めて、ぜひ「越川菓子店」へ立ち寄ってみてください。

越川菓子店
住所:千葉県成田市三里塚185
アクセス:千葉県道62号成田松尾線沿い、三里塚交差点からすぐ
電話番号:0476-35-0146
営業時間:8:30-17:30 月曜定休