広瀬通駅より徒歩3分!パスタと炭火焼のお店「FUMO14番地」

みなさん、おうちでパスタって作りますか?

我が家では、食事の準備をササっと済ませたいときに登場するお助けメニューです。
おうちのパスタもおいしいですが、家のパスタとお店で食べるパスタってまるで別物ですよね。

長らくおうちのパスタばかり食べていたので、「お店のおいしいパスタが食べたいな~」と思っていたら発見したのが、今回ご紹介する「FUMO14番地(フーモじゅうよんばんち)」さんです。

その名の通りお店の住所は14番地

「FUMO14番地」さんはその名の通り、青葉区本町2丁目の路地裏、14番地にあります。

座っているだけで楽しい店内

店内は木とタイル、暖色のあかりが印象的です。

いたるところに、「きっとイタリアから取り寄せたんだなぁ」と感じる絵画やインテリアが飾られていて、見ているだけでも楽しめます。

パスタと炭火焼のお店

メニューはコースかアラカルトでの注文を選ぶことができ、この日はアラカルトでいただくことに。

メニューについて分からないことは、店員さんが丁寧に教えてくださいました。

「おいしいパスタが食べたい!」の一心で予約したため知らなかったのですが、店員さんとお話していると、「FUMO14番地」さんのイチオシは炭火焼なのだとか。
店名の「FUMO」も、炭火焼からあがる煙を意味するそうです。

前菜と、念願のパスタ、イチオシであるからには外せない炭火焼から1品ずつお願いしました。

次々にオーダーしちゃいそうなおいしさ

前菜は櫻肉(馬肉)のタルタルです。
お肉とソース、すべてをまぜていただきます。
クセのない櫻肉に酸味のあるソースがおいしく、ペロッと食べてしまいました。

パスタは大粒アサリとアワビ茸のリングイネ(少し太めの平たいパスタ)です。
貝からあふれるうま味が太めのパスタにしっかり絡んでいます。
アワビ茸のコリコリした食感もたのしめました。

お次は炭火焼き…の前に。
ここまでの2品がおいしかったので、ほかのお料理も食べてみたくなり、追加でお肉料理をもう1品お願いしました。

おいしいお店ではついつい頼みすぎてしまいますよね…。

メインは櫻肉の肩ロース炭火焼と、

追加でお願いした、牛ホホ肉と栗のペポーゾ(煮込み料理)です。

炭火焼きはさすがイチオシ!
炭火でじっくり焼かれた赤身には、うまみがギュッとつまっています。
お肉がおいしいのはもちろんのこと、付けあわせのインカの目覚め(ジャガイモの一種)が、ほくほく甘くて最高。
これだけを1品として食べたいほどでした。

牛ホホ肉はほろっほろ。
ソースもパンにつけてきれいに完食です。

ここまででお腹はいっぱいだったのですが、デザートは別腹。

イタリアのモンブラン、モンテビアンコです。
あますぎず、クリームたっぷりなのに重くないので最後までおいしくいただけました。

予約がおすすめ!

「FUMO14番地さんは」一度は訪れていただきたい、お料理も雰囲気もすてきなお店でした。
そのため大人気で、私たちが伺った日は、開店30分後から常に満席。
お近くに足を運ばれる際はぜひ予約をして、おいしいお料理を堪能してみてはいかがでしょうか。

FUMO14番地(フーモじゅうよんばんち)
住所:〒980-0014宮城県仙台市青葉区本町2-14-9 イトービル 1F
アクセス:地下鉄南北線 広瀬通駅 西6番出口から 徒歩3分
TEL:022-714-5720
営業時間:11:30‐14:30 (L.O 14:00) 
17:30‐23:00 (L.O 23:00) 
定休日:日曜日、第二月曜日
年末年始、祝祭日は変更あり(要電話確認)